BLOG

ブログ

その他

老化まっしぐら! 意外と見落としがちな紫外線対策とは!?

 

桜の時期も終わり、いよいよ春本番。

春は空気も暖かく、とても穏やかな気持ちになりますね。

 

しかし、穏やかではいられない事柄がひとつ。

 

そう、紫外線。

 

紫外線は美容の大敵!

色は黒くなるし、お肌にダメージが…

 

そう思い、日焼け予防をされている方は多いかと思います。

 

しかし、多くの方が見落としている事が一つ。

 

今回は、男女ともに気を付けていただきたい重大なことを、プロ目線でお話しさせていただきたいと思います。

 

 

 

紫外線はなぜ悪い?

 

まずは、本題に入る前に…

 

なぜ日焼けしない方がいいのか。

紫外線はお肌に悪い、とはよく言われているけれど、なにが悪いのか?

 

紫外線には3種類あり、危険度の高いものから…

 

UVC 、UVB 、UVA

 

UVCは地上にまでは届かないので、多くの方はあまり聞き馴染みがないのではないかと思います。

(最近ではオゾン層の破壊などから、標高の高い山頂でUVCが確認されたとの話もありますが…)

 

なので、私たちが普段気を付けなければならないのが、

 

UVAとUVB。

 

 

◇UVA

私たちが普段浴びている紫外線のほとんどは、このUVAです。

これは波長が長く、曇りでも関係なく私たちのもとまで届き、肌の角質層を通り抜け、真皮層にまで影響を与えます。

UVAを浴びた時の活性酸素の発生率はUVBよりも高く、気づかないうちに肌にダメージが蓄積されているのです。

 

◇UVB

これは地球のオゾン層に吸収され、地表に届くのはごくわずか。

UVAのように、肌の奥深くにまで届くことはありませんが、その代わり、有害性はなんとUVAの100~1000倍!!

日焼けして肌が赤くなり、炎症を起こすのも、このUVBが原因。

こんなに強ければ、肌…だけに留まらず、身体にも影響を及ぼすことはお分かりいただけるかと思います。

 

 

ジワジワと蝕むUVAと、一発勝負で派手にキメてくるUVB。

 

よいコンビネーションも、私からすれば

迷惑でしかありませんね。

 

 

 

日焼けをすると、どうなるの?

 

日焼けすると、黒くなる。

 

 

そんなことは分かってる。

(黒くならないタイプの肌質もありますが)

 

 

その先、

 

乾燥、肌荒れ、シミ、シワ。

 

これが嫌で、皆さん日焼け対策をされているのではないかと。

 

しかし、更に紫外線を浴び続けることにより、そんな悩みも目じゃないくらいの病、

皮膚ガン

発症の大きな要因にもなり得るのです。

 

どうしてこんなことが起こるのか?

日焼けをすると、皮膚の細胞の中にあるDNAに小さな傷がついてしまいます。

傷がついた部分は、その度に新しくコピーされるのですが、度重なることで手違い(突然変異)が生じてしまう場合があります。

それが、皮膚ガンです。

 

とはいえ、余程のことがない限りは、皮膚ガンを心配して紫外線対策をされている方は少ないかと思います。

 

やはり、一番に多いのは“美容”目的かと。

 

日に焼けて肌色が黒くなるのはもちろんですが、

後々それがシミやシワにつながるということであれば、出来るだけ避けたいもの。

 

そうなると、UVA・UVB

どちらか一方だけでなく、どちらとも防いでいかなければならない

というのが、厄介なところなのです。

 

 

 

見落としがちな部分

 

さて、前置きが長くなりましたが、ここからが本題。

 

前述したように、紫外線がお肌に与える影響は甚大です。

 

ここで考えていただきたいのは、“お肌”とはもちろん顔だけではありません。

 

腕、足、身体全体、そして…

 

頭皮もです。

 

頭は身体の一番上に位置し、真っ先に紫外線を浴びる部分。

 

なのに、頭皮の日焼けを気にする人はごくわずか。

 

頭頂部の皮膚がダメージを受け、下へ下へとさがり、おでこのシワ、ほうれい線…

 

たるみこと必至!!

 

 

 

出来る対策とは?

 

今は頭皮・髪の毛用のスプレータイプの日焼け止めなども販売されていますので、試してみる価値はあるかと思います。

 

しかし、頭部は髪の毛が密集しているので、ちゃんと地肌まで届くのかは疑問…。

 

また、頭皮は顔や身体とは違い毛穴が密集しているので、しっかり落とさないと毛穴詰まりの原因になり、逆に頭皮状態を悪くしてしまうこともあるので注意が必要です。

 

…と、なんだか良くないようなことばかり書いておりますが、

 

頭皮の日焼け止め反対―!!

 

と、言いたいわけではありません。

 

日焼け止めを頭皮や髪の毛に使用した場合は、その日のシャンプーでしっかり落とす!

それさえすれば、良いことしかない。

 

とはいえ、シャンプーで何度も洗って落とすとなると、それはそれで頭皮の負担になってしまうので、オイルなどのクレンジング剤を使って落としましょう!

 

私はかなりのものぐさなので、毎日それをするのはちょっと…どころか、かなり面倒臭い。

 

その代わり、物理対策には力を入れているので

 

帽子・日傘

 

これは欠かせません。

 

単純ではあるけれど、最強。

(トップの写真は、両方忘れて仕方なくフードを被る…の図)

 

 

 

これから、どんどん紫外線の強い季節になっていきます。

 

うっかり日焼け…

も、たまにはしてしまうかもしれませんが、積もり積もって数年後に公開しないよう、今からでも対策をしていきましょう!

 

 

と、地黒の私がお伝えいたします。

(※地黒肌は日焼けを気にする率、高め。)

 

 

 

 

CATEGORYS

ARCHIVES

CONTACT US

お問い合わせ