BLOG

ブログ

スキンケア

脱アトピー薬までの道のり。リバウンドの恐ろしさ!!

 

突然ですが、

私は美容ヘッドスパ専門店と共に、美肌のアドバイザーなども行っております。

 

とはいえ、昔から肌がきれいであったわけでは全くなく、

元々はかなりのアトピー肌。

15年以上の免疫抑制剤の乱用で、かなり痛い目を見た当事者です。

 

 

幼い頃からのアトピーで、当たり前のように薬を使っていましたし、

両親においても、薬の知識などはあまりなかったようです。

(今ほどネットも当たり前ではなかったので、一昔前はそんなものだと思いますが)

 

 

明日世界が滅ぶとして、一番無くなったら困るものは、アトピーの薬。

そう本気で思っていたほどでした。

 

美容学校に進み、就職先は美容室。

当然、オシャレしてメイクも楽しみたい気持ちに溢れていたのですが、

使えるメイク用品はごく少なく限られており

特に口元は昔から症状が重く、リップやグロスなんて夢のまた夢でした。

 

社会人になり、友人・知人・職場など…

私の世界も広がっていくことで、今まで信じて疑わなかった

『病院』『医者』も絶対的な存在では無い、と気付き始めました。

 

また、時代や環境のせいか、

私の周りには肌が弱い人・アトピーの人がやたら多く、

皮膚科やアトピー薬関係の情報がよく耳に入ってくるようになりました。

 

昔から、顔と腕にアトピーが出やすかった私。

大きくなるにつれて、身体の方はだんだんと良くなっていきましたが

顔は相変わらずでした。

 

特に口元は、常にバッグにアトピー用軟膏が入っていないと心配で

1泊2日の旅行でさえ、忘れてしまうと2日目はつらかったです。

 

当時は軟膏(免疫抑制剤)に依存していることを自覚はしていたものの、

自分の皮膚の問題を薬が解決してくれている!

と、信じて疑いませんでした。

 

恐ろしいことに、

薬を…まるでリップクリーム・保湿剤替わりに乱用していました。

 

当たり前ですが、そんなことを15年以上続けていれば、

肌は自ら回復・保湿するのをやめてしまい、

立派なお薬依存肌の完成です。

 

しかしある時、アトピーの大先輩(笑)から

「アトピー薬は依存肌を作る」と聞き、

 

「もしや…この薬が私の肌を弱くしているのでは?」と

ようやく気付いたことで、すぐさま”脱アトピー薬”を実行に移しました。

 

その時は、

薬の副作用の怖さも、脱薬の辛さも、全然分かっていなかったので

この後、それを思い知ることになるのでした…笑

 

 

この続きは、次回へ。

==================

銀座ヘッドスパ専門店『Ronroneo』

代表:大貫伽奈

104-0061

東京都中央区銀座5丁目9-19,銀座MCビル5F

TEL:03-6274-6174

予約フォーム(優先予約)

==================

 

ARCHIVES

CONTACT US

お問い合わせ